末長く髪を楽しめる。Laughful独自のルール

現在、Laughfulにご来店くださっている多くの方がパーマやカラーを選択されています。
オシャレさを高めてくれたり、気になる部分をケアしてくれたり、ヘアスタイルを楽しむ上で外せません。
しかし、美容室での仕上がりは良かったのに日が経つにつれ

  • 髪の傷みが広がる
  • カラー・パーマ後、頭皮に違和感を感じる
  • 色持ち・パーマ持ちが悪い

などのお悩みを抱えていらっしゃる方が多い。
せっかくLaughfulまでわざわざお越しいただいたからには、仕上がりも、地肌や髪にも、そして環境にもバッチリ良い状態を提供し、それを維持できるようにしていきたい。

なぜなら、コンセプトは「末長く楽しめる髪をあなたに。」ですから、開業時にこんなルールを設けることとしました。

point 03.

カラーやパーマなどのケミカル技術の施術をご希望のお客様の髪と地肌に、極力負担をかけぬよう残留物を取り除くことをルールとし、ケミカルメニューをお選びのお客様には、炭酸泉クレンジングを無料で施術させていただきます。

これに基づき、専用の機材で適切な濃度の炭酸を発生させ、髪や頭皮に残る不要な残留物やアルカリ物質をしっかりと取り除きます。 

カラー残留物(アルカリ剤)はシャンプーだけでは落ちてない!

カラーやパーマには、アルカリ剤が入っています。実は、アルカリ剤が長い時間作用してしまうことで髪や頭皮のタンパク質を変性させてしまいダメージや肌荒れにつながります。

実は、このアルカリ剤はただシャンプーしただけでは取りきれません。空気に触れることで自然に中和されてはいきますが

へアカラーで 14~20日間程度
パーマで 7~10日間程度

かかると言われています。

と、いうことは髪に残っていたら、どんどんたんぱく質が変性し痛みが広がっていくのです。20日間も!!

さらには、太陽光にさらされて紫外線との相乗効果で・・・

お店を出た直後は綺麗だったのに、日が経ったらなんだか手触りが。。。

色抜けも早い気が・・・

なんて経験のある方は、こちらが原因の一つになっているかもしれないのです。

そのことがわかっているのだから、お客様の髪には残したくありません!!

適切な濃度の炭酸で髪に負担をかけぬよう、でもしっかりと不要なものは取り除いていきます。

炭酸泉クレンジングはアルカリを除去してダメージを抑えるだけでなく、下記のような嬉しい効果もあります。

  • 頭皮の余分な汚れ(スタイリング剤・油・皮脂)を落とす
  • ヘアマニキュアの染まりをよくする
  • ダメージケアにつながり色も綺麗に出る
  • 地肌の収斂効果でリフトアップ
  • 血行促進
  • 毛髪の表面が整うのでサラサラになりつやが出る

また、炭酸泉の弱酸性により、ニオイの元となる雑菌の繁殖を抑制するとされています。
過酸化脂質の「栓」を防ぎ、黒ずんだまま開きっぱなしの毛穴を美しい肌へ導くことが期待できます。

Laughfulの炭酸泉は施術と髪の状態によって濃度を変えることができます。

カット施術のみのお客様にオススメな、高濃度の炭酸泉とスパクリームを用いたクレンジングスパメニューもございますのでぜひお試しください。

植物由来成分から作られた11種の処理剤たち

炭酸クレンジング以外にもカラー、パーマの際に行なっているのが、様々な種類の処理剤を使ったケアです。

施術前:「現在」の髪のダメージを加味して、出来る限り髪を本来の状態に近づける。

施術中:pHバランスが崩れた髪への負担を抑え、施術後にしっかりと補修をしていく

この流れを徹底して行ないます。

  • カラーによるダメージを受けている髪にはCMCさん(細胞膜複合体)
  • パーマによるダメージを受けている髪にはPPTさん(たんぱく質)
  • アイロンなど熱によるタンパク変性には尿素さんCMCさん

などなど、髪が何によってダメージをしているか判断し適正な処理をして本来の髪の状態に近づけていきます。
CMCとはキューティクルの隙間、またキューティクルを覆う薄い皮のような部位、毛髪内部へと続く3層からなるもので、これらがダメージ等で流出してしまうと、乾燥やパサつきの原因になります。

Laughfulでは

  • ・毛髪で一番大切な芯を作るCMC
  • ・毛髪の中で筋肉にあたる部分を作るCMC
  • ・たんぱく質を髪内部に運び、キューティクルを保護してくれるCMC
  • ・キューティクルが剥離しないよう接着するCMC

の4種類を用いてカラーによる負担を最小限にし芯から髪をつくることで、カラー後にダメージを感じさせず艶やかさが持続する仕上がりを実現するのです。

その後、カラーやパーマにより受けてしまう影響やダメージなどに対して施術中にしっかりとケアをしていきます。

行なっているのはこんなこと。

  • アルカリ性に傾いたpHを適正な状態にします。
  • 薬剤浸透が穏やかに、そして円滑に進むような処理を施します。
  • ・髪にとって必要な栄養を補給し、綺麗な仕上がりを持続させます。

髪のphをしっかりとコントロールすることで施術後の髪に大きな差が出てきます。安定したphの髪は、外部刺激(摩擦や乾燥による静電気など)にも強くダメージしにくいのです。

その場限りだけでなくずっと質の良い髪を維持するのにphコントロールは欠かせません。

カラーやパーマは悪ではない!!

もちろん髪に対して負担がかかるし、ダメージもあります。だからと言って遠ざけてしまうのも勿体無い。やはりお洒落は楽しみたいですよね♪

大切なことは、カラーやパーマと上手にお付き合いをしていくことだと考えています。

Laughfulでは季節や髪の状態に合わせ、できる限りのケアでお手伝いをいたします。

このルールを設けたことで、我々美容師を悩ませる手荒れも解消する大きな要因となっています。

ぜひ、心置きなく存分にヘアカラーやパーマを楽しんでいただけたらと思います。

 

・・・関連記事・・・

カラー後の痒みがある方へ。

いまさら聞けないカラーのこと

 

北参道(神宮前)のオーガニックな美容室|Laughful(らふる)

◎ご予約はこちらから◎

ご予約