Tell me Laughful.

今までLaughfulに寄せられた疑問やお悩みに、お答えしていく

“Tell me Laughful.”

もしかすると気になっていた疑問が解決するかも。。。

カラー基本編

皆さまの髪のお悩みを解決するTell me Laughfulカラー編

 

Q.根元の伸びた部分だけを染める事はできますか?

A.はい、可能です。

毛先の色味に合わせて調合をして、根元を同じ色にリタッチしていきます。

毛先を染めないので、ダメージが気になる方や色を変えたくない方にオススメです。実際Laughfulでも毛先まで染めるのは一回おき、というお客様がたくさんいらっしゃいます。特にリタッチメニューを設けてはいないので、お気軽にお問い合わせください。

Q.黒染めをしているのですが、明るくなりますか?

A.はい。明るくする事自体は可能です。

ですが、黒染め自体の染料がとても強いので、ご希望の色味によってはブリーチを数回繰り返して色を抜く場合や、またはできない場合もあります。

黒の染料を落とす際に赤みが出るので、色を抜いた後、オレンジが強くなる場合があります。

少しづつ明るくしていくのが髪に負担が少なく、色ムラにもなりにくいのでオススメです。

Q.何色に染めてもいつもオレンジになってしまうのですが、どうにかなりませんか?

A.補色であるグリーン(マット)やブルー(アッシュ)を強く入れていくか、少し暗めに仕上げる事をオススメします。

髪の毛の元々の色素の中の赤みが強い方は、どうしても色が落ちてくるとオレンジっぽくなってしまいます。

オレンジの反対色であるアッシュ系統の色味を重ねていくことで、より深みが出てオレンジになりにくくなります。

さらには落ちにくい(=優しい処方の)カラー剤を使う、カラー後のケアをしっかりして色持ちさせることも大切です。

Q.カラーとパーマやストレートパーマなどは一緒にやっても大丈夫?

A.基本的には大丈夫です。

しかしその場合、パーマを先に、後からカラーをするのでパーマが取れやすかったり、髪への負担が大きくなります。髪や頭皮へのダメージにつながるので、絶対ではないですが数日空けてから染める方が理想的です。

同日にする場合、髪や頭皮に負担がかかるので、それを見越したお薬の選定や、処理剤(途中でのトリートメント処理)をしっかりしてくれる信頼できる美容師さんに相談しましょう。

Laughfulでは様々な処理剤を使いなるべく髪に負担のかからないように施術していきます。

カラーをリタッチだけにしたり、オーダーメイドトリートメントでしっかり補修したりと、方法はたくさんあるので、一度ご相談ください。

Q.今日美容室でカラーをしたのですが、「シャンプーはしないでくださいね」と言われました。スタイリング剤がついていて気持ち悪いのですがシャンプーしてはダメですか?

A.しても大丈夫です。

ですが。。。

ヘアカラーは、美容室を出てから空気に触れる事により、酸化作用が進み、完全に定着していきます。パーマやストレートパーマもそうです。

染めてすぐはまだ、完全な定着はしておらず不安定な状態なのです。

ヘアカラーを流す際にシャンプーをしておりますので、洗い過ぎによる乾燥やダメージなどの頭皮や髪への影響も考えて

「今日はシャンプーをしないでくださいね」

とお伝えしております。

ご自宅ですぐにシャンプーをされる場合、できる限り洗浄力の優しいシャンプー剤をご使用いただくか、スタイリング剤があまりにもベトベトでない限りはお湯でよく流して、トリートメント等で仕上げる方が良いでしょう。

しっかり乾かすなどのケアもしてあげてくださいね。

Laughfulでは地球と人に優しいオーガニックなスタイリング剤のみを採用しています。そのままにしておいても、大きな負担にはならないのでご安心いただけたらと思います。

Q.妊娠中のヘアカラーって良くないのですか?

A.ヘアカラーや、パーマ剤自体が、大きな問題を起こすことはまずありません。

しかし、妊娠中はホルモンバランスが崩れ、皮膚が荒れている場合があります。普段染みないのにピリピリと染みたり、さらにひどい肌荒れを引き起こす可能性があります。

いままで気にならなかったカラー剤の匂いも強く感じるという方もいます。

長時間の施術や無理な体勢で、妊婦さんの体調が悪くなってしまうケースもあるので、

基本的に安定期に入ってから、そして体調を見極めて、こまめに休憩ができる環境の整った美容室に行けるのが良いですね。

あらかじめ、妊娠中である事を伝えておくと、美容師さん側も配慮しやすいと思います。

無理なく、綺麗でステキなママさんでいてくださいね。

Q.白髪がチラホラ生えてきました。(見える範囲で510本)後ろは見えないけど、白髪染めをするべきですか?

A.白髪染めでしっかり全体をカバーすると、どうしても暗めに仕上がります。

お客様がどのくらいの髪の明るさなのか分かりませんが、もし、明るいままで白髪をカバーしたいのなら、

  1. 全体はファッションカラーで、白髪のところだけポイントで白髪染めをする。
  2. 全体を明るめの白髪染めで染める。

のどちらかになります。(マニキュアは別です)

2の方法ですと、白髪自体の染まりは薄いのですが、目立たなくはなります。

1は先に白髪のところだけくらい白髪染めで塗布し、その後全体を明るめのファッションカラーで染めます。

時間はかかりますが、白髪の染まりは良いので、しっかりカバーしたい方にオススメです。

全体の白髪の本数が少ない場合、カットする事もできるので、美容師さんに相談してみるのも良いでしょう。

Q.白髪が気になるので月に一度美容室で白髪染めをしています。頭皮は大丈夫ですか?

A.ヘアカラーをしていれば、少なからず頭皮や髪にダメージはあります。

カラー前に頭皮を保護するお薬をつけたり、カラー後の頭皮の残留アルカリをしっかり除去するなど、、カラーによる頭皮ダメージを抑える方法をLaughfulではたくさんご用意しております。

刺激の弱いカラー剤を使うのも大切です。

Laughfulでは上記のような頭皮に対するケアをしっかり行っているので、もし気になる場合はお問い合わせください。

カラー後48時間経過したのちのかゆみ、炎症などが頭皮にみられる場合は、ヘアカラーによるアレルギーであることが考えられます。

施術中に起こるピリピリした刺激は、ヘアダイを反応させる際に使用する過酸化水素による刺激が悪さをしている可能性があります。

そのまま放ってカラーを繰り返してしまうと、ひどい場合、カラーできなくなってしまうので、お早めに医師の診断を受けてください。

なお、頭皮のダメージが心配な方は、ダメージが全くないヘアマニキュアを推奨します。

ヘアマニキュアは色が限られてしまうのと、色持ちは良いとは言えませんが、ダメージなく白髪染めができますよ。

求める髪色や頭皮の状態をしっかり考え、最適なカラーをしていきましょう。

 

Q.黒染めの色素?が入っているカラーで染めてもらい、その後明るくしたのですが、ムラになってしまいました。直りますか?

A .直せますが、大きな負担がかかるでしょう。

染料が濃いもので染めている場合、その部分はやはり明るくなりにくいです。ダメージしている毛先や、伸びてきた地毛は明るくなり、濃い部分はあまり変わらず、、というケースがよくあります。

ポイントで暗い部分だけを明るくしなおしたり、逆に全体を暗くしてムラをぼかすのが一番良いかと思います。

施術中に処理剤を使いながら染めていくことで、一定のケアはできますが無理にブリーチなどはせず少しずつ、綺麗にしていくことが一番かと思います。

Q.ダメージが気になるのですが、ヘアカラーでツヤを出すことはできますか?

A.ツヤを出すことは可能ですが・・・

ヘアカラーをする事でツヤを出し綺麗に見せる事は可能です。

パサつきが目立ちツヤのない髪は、どうしてもダメージした印象が強くなってしまいます。

なるべくダメージさせないようコントロールしながら、深く色味を入れていくことで、毛髪内に染料を送り込み充実させ、最小限のダメージでツヤを出し綺麗な髪を作ることは可能です。

例えば、黄色っぽく抜けてしまう方は毛髪自体がスカスカな印象になりやすく、パサつきが出て見えやすいため、補色であるパープルを混ぜていくと綺麗なツヤが出ます。

処理剤を適正に使用しながらヘアカラーを行うことでより良い仕上がりが生まれます。

また、オーダーメイドなトリートメントメニューのご用意もございますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

Q.オーガニックカラーとはなんですか?

A.Laughfulで使用しているオーガニックカラーはオーガニック認証機関より認定を受けたヘアカラー剤です。

内容成分の92%が天然成分により構成されており、地肌や髪だけでなく地球環境にも配慮したヘアカラーです。

  • シリコン、パラベン、ラウリル硫酸Na、パラフェニレンジアミンなどは使用しておりません。
  • 動物由来の原料は不使用
  • 全ての原料は生分解性に優れたものを使用しています。
  • ロット番号により由来成分の追跡が可能です。

ジアミンアレルギーを引き起こす最大の要因であるパラフェニレンジアミンは含まれていませんが、その他のジアミン類は使用しているため、ジアミンアレルギーの方の使用はお勧めしておりません。

 

ご予約