ヘナって何?今更聞けないヘナのこと

みなさま聞き覚えのあるヘナ。
聞いたことはお有りかと思いますが、染まる仕組みや効果効能までご存知の方は少ないかと思います。

カラーやマニキュアはしたくない。でも白髪のままは嫌だ。
ツヤは欲しいけど、科学的なものは嫌だ。
など、様々なお考えがありそういった方からの支持が多いヘナについてご紹介していきます。

先に言っておくと、Laughfulで使っているヘナは本当に良いヘナです。笑

【ヘナとは】

ヘナは、ミソハギ科の植物で学名はLawsonia inermis
インドでは古くから薬草として親しまれ、アーユルヴェーダ(伝承医学)の代表的なハーブとされてきました。
インド、北アフリカなどの乾燥した地域を中心に育ち、木の高さは3~6メートルほどにまで成長します。芳香のある白や薄紅色の花を咲かせるのも特徴なのだそうです。

ヘナは、学術的にはこのミソハギ科の植物を指しますが、ヘナを配合した天然原料の白髪染めの総称を「ヘナ」と呼んでいます。

【ヘナが染まる仕組み】

ヘナは草木染めと同じ仕組みで染まります。
ヘナの葉には、ローソンという赤色酵素色素が含まれており、タンパク質に反応してからみつき発色する性質があります。人の髪はもちろん、肌や爪も染まります。
古来では、クレオパトラが爪に塗っておしゃれを楽しんだり、ウールで出来たペルシャ絨毯などの赤い染色にも使われてきました。
このローソンが、髪のキューティクルのすき間から浸透し、毛髪の97%を構成するケラチンタンパク質(毛皮質)にアメ状に絡みつくことで髪が染まります。

ヘナは、葉を乾燥・粉末にしたものをお湯に溶いて髪に塗りますが、ヘナのみだと白髪はオレンジ色にしか染まりません。藍色の色素をもつインディゴ(ナンバンアイ葉)などを加えることで2種類の色素が重なり、濃いブラウンに染まるようになります。

ヘナには天然原料が100%のものと、化学染料(ジアミン)入りのタイプの2種類があります。

平成13年、薬事法の改正により化学染料(ジアミン)入りのヘナは、人体への使用が禁止され、ウィッグ用等に使用される雑貨扱いとなりました。
しかし今でも化学染料(ジアミン)入りヘナは、比較的短時間で染まる為に、一部の美容室でヘナカラーという名称で使用されているケースもあります。
また、化粧品登録のヘナもありますが、その場合ジアミン以外の化学染料が使用されています。

さらに粉の色を新鮮に見せるため、あえて緑色のタール系色素を混ぜたヘナがインドで流通し、日本市場にも流通することがあります。
こうした成分が万が一混入することがないよう、Laughfulが使用しているヘナのブランドでは国内の第三者機関で原料を入荷するたびに必ず検査を行い製造に入っています。

【天然で万能なトリートメント・クレンジング効果】

ヘナには染めるだけでなく、自然のめぐみがもたらす素晴らしい効果があります。

ヘナには髪のタンパク質を補修する効果があり、ダメージした部分を補修し、髪内部の保水力を高める作用があります。また頭皮にやさしく作用し、毛穴を掃除したり、頭皮をみずみずしい状態に導く効果があります。
まさにハーブのヘアパックですから、たっぷり塗り、時間をおいて、頭皮と髪を癒してあげましょう。そうすることで、髪にハリとツヤが生まれ、頭皮がより健康的になっていきます。

ヘナの効果で驚くのは、どんなタイプの髪の悩みにも素晴らしい効果があります。

  • 細くコシのない髪にはハリを与え、ボリュームアップします。
  • クセ毛の方、髪が太くてごわつく方はまとまりやすくなります。
  • 乾燥してパサついた髪には艶やかな潤いを与えしっとりさせます。

太い毛から細い毛や乾燥毛まで、あらゆる髪質に万能にトリートメント効果を発揮するところがヘナの最大の魅力です。

 

【さらなる上質な髪を作るLaughfulのオーガニックヘナ】

1度で濃く染まる!ハリ・つや・ボリュームUP

耕す土から真剣に原料のことを考え、より力強いヘナを作っています。
Laughfulで使用しているヘナは、植物成分100%で化学染料を一切含みません。
また、フランスのオーガニック認証機関エコサートの厳しい世界基準規格をクリアし生産されています。

ヘナには製品によってランク分けされていますが、Laughfulで使用しているものは上位5%の最高品質なもの。質感がとても滑らかで、施術する側も塗りやすい。

他のヘナに比べ、何が良いのか。

  • 染まりがよい
  • つやが出る
  • ハリとコシが出て、しなやかに

ご用意があるのは2色。

  • 濃いオレンジを作るビターオレンジ
  • 自然な茶色を作るアースブラウン

両方を混ぜて明るさを調節することも可能です。

ヘナをした時に起こりがちな特有のごわつきを感じません。

【最高品質のヘナとは】

日本茶と同じように、ヘナの品質にもグレードがあります。
開花前の新葉、開花後の葉、古い葉のうち、どれを使うかによってその効果は大きく変わるそうです。

当然良質のヘナは、開花前の新葉を利用することが絶対的な条件。
新葉は、古い葉よりも、染色色素や薬効成分を多く含んでおり、染色力・トリートメント効果が優れているためです。開花してしまうと、薬効成分などの栄養素は、花に吸収されてしまいます。

また葉だけを使うのか、茎や根など他の部位まで使うのかによっても品質は大きく異なるようで、染色効果は葉に集中しており、茎まで混ぜてしまうと当然効果は薄れてしまいます。
原材料を安価にするため、茎や根、雑草までも混ぜてしまう原料業者が多いため、低品質のヘナはゴワツキや染まりが悪いなどの弊害が生まれています。

開花前の葉だけを選別したヘナであれば、しっかりと染めることができます。

また、ヘナは生育に適した土壌により、さらに品質が大きく変わります。
ヘナはインドだけでなく、北アフリカ、アジアなどでも広く育ちますが、その中でも、インド・ラジャスタン州のソジャットのエリアで収穫されるヘナの品質は格別です。

【まとめ】

カラーやマニキュアはしたくない。でも白髪のままは嫌だ。
ツヤは欲しいけど、科学的なトリートメントは嫌だ。

こんなお悩みを抱えている方にはもちろん。

ヘナ特有の、ごわつきが気になっていた方にも喜んでいただけるはず!

注意点はヘナを一度した髪は明るくすることができません。
明るくしたくなる日もあるかもしれないという方は担当スタイリストにご相談の上お試しいただけたらと思います。

ご予約